【文化時報社提供】親あるあいだの語らいカフェ お寺で悩み分かち合う

※文化時報2022年6月28日号の掲載記事です。

 障害のある子やひきこもりの子の面倒を親が見られなくなる「親なきあと」の問題について、当事者家族が悩みを分かち合う「親あるあいだの語らいカフェ㏌城興寺」が12日、京都市南区の真言宗泉涌寺派城興寺(上原慎勢住職)で開かれた。障害のある本人や家族ら21人が参加し、お寺の和やかな雰囲気に包まれながら、僧侶や支援者に胸の内を吐露した。

 城興寺は、文化時報社が設立した一般財団法人「お寺と教会の親なきあと相談室」(小野木康雄代表理事)の相談室支部を開いている。当事者家族から「同じような悩みを抱えた人たちと交流したい」との相談が・・・

                          ⬇︎

                            ⬇︎

                            ⬇︎

              続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                  文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】「不滅の法灯」灯し法要 天台宗、広島で

  2. 【文化時報社提供】「本願寺の保健室」リニューアル

  3. 【文化時報社提供】 指示されても避難できない人々を、誰が救うのか

  4. 【文化時報提供】佛教大学四条センター 移転へ

  5. 【文化時報社提供】真心の葬式をもう一度

  6. 【文化時報社提供】過労自殺を高校生が取材 ドキュメンタリー、学会で公開