【文化時報社提供】お寺で休息、語らいを ひきこもりの子の親ら集う

※文化時報2022年10月25日号の掲載記事です。

ひきこもりの子や障害のある子の親たちにお寺でリラックスしてもらおうと、神奈川県逗子市の高野山真言宗佛乘院(齋藤真佑住職)は16日、「お寺で休息~親あるあいだの語らいカフェ」を初めて開いた。

支援者を含む約20人が参加し、海を眺めたり箏(こと)の調べに耳を澄ませたりしながら、心安らぐひとときを過ごした。

佛乘院は、一般財団法人お寺と教会の親なきあと相談室(小野木康雄代表理事)の支部を開く寺院の一つ。「お寺で休息」は、ひきこもりの当事者・家族支援に取り組む逗子市社会福祉協議会と共催し、隣町の葉山町社会福祉協議会や不登校・ひきこもり相談に当たる支援者団体から協力を得た。

この日はまず、鎌倉を拠点に活動する箏演奏家、高橋てるみさんのミニコンサートを本堂で開催。「六段の調べ」や「秋のうたメドレー」などが披露され、穏やかな音色が堂内を包んだ。

続いて参加者らは、海の見える客殿に集まり、逗子市社会福祉協議会の職員らの司会で輪になって、3時間近く懇談。個別に話のある人たちは・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

              続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                    文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

                   https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

文化時報の新しいウェブメディア「福祉仏教 for believe」

 https://fukushibukkyo.com/

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

【寺院向けはこちらまで】

お寺の窓口掲載   http://oteranavi.com/templeform/

仏具、白衣、足袋、法衣鞄、書籍などの必需品はこちら   https://otera-market.com/

関連記事

  1. 【文化時報社提供】介護用おむつ 余ればお寺が受け渡し

  2. 【文化時報社提供】「子ども食堂×寺子屋」で見たお寺の舞台裏 記者が体験ボランティア

  3. 【文化時報社提供】自立とは…頼る先を増やすこと

  4. 【文化時報社提供】合理的配慮への違和感

  5. 【文化時報社提供】介護者カフェが寺開く 京都・金剛寺

  6. 【文化時報社提供】健康相談、お寺で気軽に 熊本・浄玄寺「まちの保健室」