【文化時報社提供】「親なきあと」の現実㊦

※文化時報2022年5月17日号の掲載記事です。

 父親を亡くして一人残された知的障害のある息子さんの自宅で、満中陰に待っていると、葬儀社の担当者が来た。「お父さまの遺産相続のお手伝いに、司法書士を紹介しました」という。

その司法書士に電話して確認すると・・・

                          ⬇︎

                            ⬇︎

                            ⬇︎

              続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                  文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】浄土宗議員、全員がPCR検査

  2. 【文化時報提供】僧侶になったバーテンダー「誰もが救われる」

  3. 【文化時報社提供】人が集まる場所づくり

  4. 【文化時報社提供】つなぐ心①いのちのケア 今こそ

  5. 【文化時報社提供】出生前診断は危険だ

  6. 【文化時報社提供】「サラナ親子教室」でお寺を身近に 地域の〝お荷物〟から大逆転