【ここより提供】失礼をすることのない『焼香の作法』

「焼香の作法」

 

お通夜、お葬式、告別式の際は焼香を行うのが一般的です。
故人と最後のお別れの場ですから、焼香のタイミングで慌ててしまいひどくマナーを欠いてしまうようなことは避けたいところです。
デリケートな場で失礼をすることのないよう、焼香の際の作法について確認していきましょう。

「焼香の種類とそれぞれの作法」

 

左手に数珠を持ち、焼香は右手で行います。抹香は親指、人差し指、中指でつまみ、目線の高さまでかかげてから香炉に落とします。
この作法が一般的ですが、中には抹香をかかげない宗派もあります。
かかげる回数も宗派によって異なり・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

   ここよりのご案内

「ここより」とは

仏事のお困りごとから、悩める人の道しるべまでお坊さんをはじめとした「人生のコンシェルジュ」たちが明るく楽しく案内してくれる「心のよりどころ」

お寺のイベント紹介や展示会のレビュー。

ここよりファミリーたちの楽しいコラムなど「生きる楽しみ」を見つけられるサイトです。

ぜひお気軽に、お立ち寄りください!

https://coco-yori.com/

こちらの記事は、ここより様から許可を得て転載させていただいております。

 

関連記事

  1. 【ここより提供】いざとなって慌てることのないように『死後の手続き一覧』

  2. 【ここより提供】お参りに行く前に知っておきたい『神社での参拝方法』

  3. 【ここより提供】高齢化社会と孤独死

  4. 【ここより提供】意外と知らない『神社が作られた意味』

  5. 【ここより提供】逝去後、はじめて行う追悼供養『初七日法要』