【文化時報社提供】一人に向き合う 看護師から僧侶へ

※文化時報2021年3月25日号の1面トップ記事です。

浄土真宗本願寺派永生寺(滋賀県守山市)の住職、伊達智子さん(47)は、40代で看護師から僧侶を志した経歴を持つ。精神科病棟で勤務する「ナースボーズ」として活動を続けてきたが、新型コロナウイルス感染拡大を受け、昨年末に退職を決断。住職に専念することにした。キャリアを手放すことへの葛藤の末、立ち戻ったのは「ご門徒の一人一人に向き合う」という原点だった。(安岡遥)

寺に背を向けた日々

伊達さんは1973(昭和48)年、3人姉妹の長女として生まれた。父の彰さんは永生寺16世住職。薬剤師として働きながら寺務に・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】「グリーフケアは僧侶の使命」当事者、学んで向き合う

  2. 【文化時報提供】英語坐禅が順調に再開 曹洞宗

  3. 【文化時報提供】オンライン法要に「参列」できるか

  4. 【文化時報提供】西山浄土宗、宗会を解散 京都西山学園巡り

  5. 【文化時報提供】佛教大学四条センター 移転へ

  6. 【文化時報提供】学術会議 宗教界も対応を