【文化時報提供】「グリーフケアは僧侶の使命」当事者、学んで向き合う

※尼僧に「命を懸ける」と言わしめた、グリーフケアの本質に関する記事です。

大切な人を亡くした悲嘆(グリーフ)について当事者が学び、回復につなげていく浄土宗の寺院がある。京都市右京区の西寿寺。「グリーフケアは僧侶の使命。そこに命を懸けている」と話す村井定心住職も、当事者だった。3月3日には、活動のきっかけとなった黒川雅代子・龍谷大学短期大学部教授を招いて講演会を開き、身近な人との死別を経験した10人ほどが集まった。(大橋学修)

村井住職は2009年3月、西寿寺の先代住職が急逝したことで、悲しみに暮れた。それが、黒川教授が寄稿したグリーフケアに関する新聞記事を読み、「心の救いにつながった」。以来、講演会を繰り返し開き、自身の悲嘆と向き合ってきた。

4年ほど経過した頃、先代住職との死別が自分自身の人生に必要なことだったと感じるようになった。「気の毒なのは庵主さんではなく、私だったのだと気付いた。仏さまにお預けしたのだから、安心していいのだ」

亡くなったのは、自分の作る食事が健康に配慮していなかったせいではないのか。そう自分自身を責めたことがあったが、「庵主さんが身をもって教えてくださった」と感じるようになったという。

寺を訪れる遺族たちへの対応も変わった。「頭で理解しようとしていたのが、心で気持ちが分かるようになった。『頑張らなくても良いのですよ。理解してくれる人の前では、悲しんで良いのですよ』と言えるようになった」

この日の講演で黒川教授は「予備知識がなく、周囲に死別を体験した人がいなければ、話を聞いてくれる人や話せる場がない」と語った。高齢になって配偶者と死別すれば必ず孤独を感じるとも指摘し、「従前からコミュニティーを作っておくことが必要」と伝えた。

3カ月前に配偶者と死別したという参加者は「グリーフケアの話を聞いて、本当にピタリときた。悲しみは悲しみなので、そこにどう向き合うのかが大切に感じる」と話していた。

2020-03-11アップ用庵主さま浄土宗・西寿寺・グリーフケア研修(写真下)

西寿寺の村井定心住職=京都市右京区

喪失と回復の往復

グリーフケアは、2005年のJR福知山線脱線事故を機に広く知られるようになり、11年の東日本大震災でもその重要性が指摘された。黒川教授は、遺族会の運営支援に携わる専門家として知られる。

黒川教授によると・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】今年こそ戦争を考えよう 戦後75年の特殊性

  2. 【文化時報提供】安楽死の議論 宗教界こそ深めよ

  3. 【文化時報提供】コロナ下で「坂東曲」 門首、報恩講を出発点に

  4. 【文化時報提供】屋根と舞台の修理完了 清水寺、12月に奉告法要

  5. 【文化時報社提供】自死者は往生できるか

  6. 【文化時報提供】宗教記者七つ道具 専門紙を作る仕事の流儀