【文化時報社提供】法衣姿の「オショー」介護施設へ 利用者に喜び

※文化時報2022年9月23日号の掲載記事です。

大阪府柏原市の地域密着型通所介護事業所(デイサービスセンター)「きょうこちゃんち」は、法衣を着た僧侶を、ボランティアとして迎え入れている。
経営する白石京子さんが「利用者に喜ばれる」と考えたからだという。
訪問しているのは、市内にある浄土宗安福寺の大﨑信人住職。肩ひじ張らずに利用者と接している。(大橋学修)

「オショーいらっしゃい。コーヒーはホット、アイス?」白石さんの明るい声が飛ぶ。
「きょうこちゃんち」では、敬語を用いない。
「家庭内で敬語を用いることはないから」と白石さんは話す。名前もニックネームで呼び、大﨑住職も「オショー」と呼ばれる。

大﨑住職が訪問するのは、午後1時30分ごろ。檀信徒宅に月参りに行った帰り道に立ち寄る。
昼食後のレクリエーションタイムで、利用者と共にゲームや介護予防の体操などを行い、一緒におやつを食べる。

大﨑住職が、利用者と打ち解けられるのは、自身も一人の施設利用者という意識で参加しているからだという。
話し相手になろうと身構えず、自然体で振る舞っていた。大﨑住職は「利用者の方が楽しめることだけを考えている」と話した。

「みんなお坊さん好きよ」・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

              続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                    文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

                   https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

文化時報の新しいウェブメディア「福祉仏教 for believe」

 https://fukushibukkyo.com/

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

【寺院向けはこちらまで】

お寺の窓口掲載   http://oteranavi.com/templeform/

仏具、白衣、足袋、法衣鞄、書籍などの必需品はこちら   https://otera-market.com/

 

関連記事

  1. 【文化時報社提供】人が集まる場所づくり

  2. 【文化時報提供】燃え立つ浄火 五大力尊に祈り

  3. 【文化時報提供】「不滅の法灯」灯し法要 天台宗、広島で

  4. 【文化時報社提供】障害者もお寺に来て! 曹洞宗

  5. 【文化時報社提供】社寺を福祉避難所に 京都市上京区が協定

  6. 【文化時報社提供】M-1挑戦 僧侶という広告塔