【文化時報社提供】「テンプル食堂」全国へ

※文化時報2022年9月23日号の掲載記事です。

浄土真宗本願寺派の有志が本願寺吉崎別院(福井県あわら市)で行う子ども食堂「テンプル食堂」が、全国展開を開始した。
運営母体として、7月に一般社団法人「えんまん」(八幡真衣代表理事)を設立。
8月30日には沖縄県読谷村の本願寺派真常寺(菊城元明住職)で「テンプル食堂おきなわ」がフードパントリーを開き、70世帯に食材などを配布した。

テンプル食堂は2020(令和2)年5月、八幡代表理事が自坊の圓満山本光寺(石川県小松市)で、山号から名付けて実施した「テンプル食堂えんまん」が始まり。
その後、本願寺吉崎別院の「テンプル食堂よしざき」を始め、今では毎回400人が集まるようになった。
ひとり親世帯向けの旅行事業なども手掛けている。

テンプル食堂おきなわは全国展開の第一歩で・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

              続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                    文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

                   https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

文化時報の新しいウェブメディア「福祉仏教 for believe」

 https://fukushibukkyo.com/

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

【寺院向けはこちらまで】

お寺の窓口掲載   http://oteranavi.com/templeform/

仏具、白衣、足袋、法衣鞄、書籍などの必需品はこちら   https://otera-market.com/

関連記事

  1. 【文化時報社提供】在宅医療に電子連絡ノート「宗教者も参加を」

  2. 【文化時報提供】3代悲願の鐘楼堂建立 善光寺東海別院

  3. 【文化時報社提供】形見の着物で御朱印帳

  4. 【文化時報提供】バレンシア禅堂訪問記「僧侶の初心に帰れた」

  5. 【文化時報提供】在家から僧侶になった瞬間があった

  6. 【文化時報社提供】傾聴―いのちの叫び―⑱家族にしかできない