【文化時報社提供】里親になった住職夫妻

※文化時報2022年4月26日号の掲載記事です。

 浄土宗浄光寺(山形県上山市)の萩生田祐司住職(44)と充知子夫人(42)は、ひょんなことから子ども食堂=用語解説=を始め、通っていた3人の子どもたちを里子として迎え入れた。自分たちを「おせっかいな地域のおじちゃんとおばちゃん」と称する夫妻は「にぎやかなのが好きなので」と語る。それにしても、なぜ里親にまでなろうと考えたのか。(大橋学修)

50~60人が集う場

 夫妻が運営するのは「かみのやま こども食堂『かえる家』」。浄光寺を拠点に、学校の長期休暇に合わせて不定期で開催している。共働き世帯の子どもたちの孤食をなくすことを目指し・・・

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】つなぐ心⑤絆を育む宗教行事

  2. 【文化時報社提供】もしものための話し合い 「デスカフェ」ガイド

  3. 【文化時報提供】禅僧の暮らし体験 子どもも大人も

  4. 【文化時報提供】地域包括、終活で充実 カフェで「官仏連携」

  5. 【文化時報社提供】自死者は往生できるか

  6. 【文化時報社提供】つなぐ心④困窮・孤立から子ども守る