【文化時報社提供】全面解除で油断するな

※文化時報2022年4月1日号に掲載された社説です

新型コロナウイルス対策のまん延防止等重点措置が3月21日までで解除された。1月上旬から約2カ月半、最大36都道府県に適用された今回の措置は、感染拡大の第6波が続いているさなかに終了した。これがどのような影響を与えるのか誰にも分からない以上、私たちは慎重な行動を続ける必要がある。

第6波のピークは、全国の新規感染者数が約10万5600人に達した2月5日だったとみられる。もっとも、オミクロン株による爆発的な感染力を前に、PCR検査がどこまで追い付いていたのかは心もとない。

加えて、ピークから1カ月以上が経過したにもかかわらず、新規感染者数は下がり切っていない。3月26日時点でも・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】お寺の子ども食堂 支援者の受け皿に

  2. 【文化時報提供】学術会議 宗教界も対応を

  3. 【文化時報社提供】「安置葬」故人と過ごす 想送庵カノン

  4. 【文化時報社提供】「サラナ親子教室」でお寺を身近に 地域の〝お荷物〟から大逆転

  5. 【文化時報提供】ニコニコで注目 仁和寺法師が炎天下の勧進

  6. 【文化時報提供】正論を掛け合わせると、共感できないお寺の未来が見えてきた