【文化時報社提供】世代超えた〝学園祭〟…寺フェスで活気

※文化時報2021年12月9日号の掲載記事です。

本堂前の特設舞台に、子どもや若者が次々に上がる。ジャズダンスにアクロバット体操、和太鼓に吹奏楽。まるで学園祭か文化祭のようで、地域のお年寄りものぞきに来る。日蓮宗蓮久寺(千葉県君津市)が行う寺フェス「秋の舞音祭(ぶおんさい)」。どんな魅力があるのか。(山根陽一)

君津市長も応援

11月27日土曜日。晩秋の青空の下、蓮久寺に続々と人が訪れた。境内には子ども広場が設けられ、秋の味覚を堪能できるキッチンカーも登場。その場で書いて渡す御朱印やおみくじもあり・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

 

関連記事

  1. 【文化時報社提供】「本願寺の保健室」リニューアル

  2. 【文化時報社提供】自死者は往生できるか

  3. 【文化時報社提供】合理的配慮への違和感

  4. 【文化時報社提供】寺社の防災拠点化急げ

  5. 【文化時報提供】東北福祉大学「名誉学長」騒動 第三者委の見立ては

  6. 【文化時報提供】ニコニコで注目 仁和寺法師が炎天下の勧進