【文化時報社提供】楽しむ防災拠点「nuovo(ノーボ)」僧侶が提唱

※文化時報2021年7月29日号の掲載記事を再構成しました。

平時を楽しみ、有事に備える。そんなコンセプトでお寺に防災拠点をつくる動きが、全国に広がろうとしている。その名もライフアミューズメントパーク「nuovo(ノーボ)」。仕掛けたのは真言宗豊山派浄光寺(長野県小布施町)の副住職、林映寿さん(44)だ。四輪バギーや重機の運転・操縦に親しんでもらい、即戦力の災害ボランティアを育てようという試み。一昨年に台風被害を受け、災害と向き合いながらも、笑顔とエネルギーを絶やすことなく活動を続けている。(春尾悦子)

平時のスキルと蓄え

2019年10月13日。台風19号で千曲川の堤防が決壊し、小布施町や近隣市町村では家屋や田畑が水に漬かる甚大な被害を受けた。浄光寺はボランティアの拠点となり・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】社説 分断を乗り越えよ

  2. 【文化時報社提供】子ども食堂×寺子屋 地域全体が居場所

  3. 【文化時報提供】英語坐禅が順調に再開 曹洞宗

  4. 【文化時報提供】比叡山麓 ほら貝の音なき一斉托鉢

  5. 【文化時報社提供】五輪開催の覚悟を問う

  6. 【文化時報社提供】在宅医療に電子連絡ノート「宗教者も参加を」