【文化時報社提供】合理的配慮への違和感

※文化時報2021年6月14日号の社説です。

障害者への「合理的配慮」を全事業者に義務付ける改正障害者差別解消法が、5月28日の参議院本会議で全会一致で可決、成立した。

バリアフリーを進め、障害を理由とする差別をなくそうという立法の趣旨には賛同する。だが、どうしても引っ掛かるのが、合理的配慮という言葉である。不合理的、あるいは非合理的配慮があるとでもいうのだろうか。

内閣府のリーフレット「『合理的配慮』を知っていますか?」によれば、合理的配慮とは・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】形見の着物で御朱印帳

  2. 【文化時報提供】オウム25年①問われる信教の自由 小原克博氏(同志社大学)

  3. 【文化時報提供】点火せず香りともそう 若林、線香新ブランド

  4. 【文化時報提供】在家から僧侶になった瞬間があった

  5. 【文化時報提供】真言宗各派の枠を越え 高野山から東寺へ、飛鷹管長が就任式

  6. 【文化時報提供】浄土宗職員が新型コロナ感染、自宅待機