【文化時報社提供】ムスリムに土葬墓地を 大分の団体陳情

※文化時報2021年7月1日号の掲載記事です。写真は東京・多磨霊園にあるイスラム教徒の墓。

イスラム教徒(ムスリム)の土葬用墓地を大分県日出(ひじ)町に計画する別府ムスリム協会(カーン・ムハマド・タヒル・アバス代表)は17日、信仰に基づいて埋葬方法を自由に選択できる「多文化共生公営墓地」の創設を求め、厚生労働省に陳情書を提出した。日本ムスリム協会と世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会に加え、曹洞宗善隆寺(大分県中津市)の自覚大道住職、大分トラピスト修道院(日出町)の塩谷久院長も賛同者として同行。超宗教で信教の自由を尊重するよう求めた。

イスラム教では戒律で火葬が認められていない。地獄での懲罰や火あぶりを意味するためといい、遺体は・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】国宝庫裏 解体修理へ 妙法院門跡、活用も検討

  2. 【文化時報提供】お寺を国有化、年内めど 浄土宗と中国財務局

  3. 【文化時報提供】幕末の志士を慰霊 京都・壬生寺

  4. 【文化時報提供】点火せず香りともそう 若林、線香新ブランド

  5. 【文化時報提供】福島が生き方変えた 原発事故の避難者支援は今

  6. 【文化時報提供】ニコニコで注目 仁和寺法師が炎天下の勧進