【文化時報提供】「親なきあと」考える 障害ある子の将来に備え

※文化時報10月10日号の掲載記事です。

文化時報紙上セミナー講師で、一般社団法人「親なきあと相談室 関西ネットワーク」代表理事の藤井奈緒氏が9月26日、大阪府東大阪市の市文化創造館で講演した。「親なきあと」を巡っては近年、全国に活動が広がっており、協力する寺院も現れている。講演には当事者に加えて相談員や看護師らも参加し、改めて注目度の高さをうかがわせた。

「親なきあと」は、障害者や引きこもりで就労できない人が、親がいなくなった後にどう生きていくか、という問題。藤井氏は、重い知的障害と歩行困難がある長女、凜さん(17)と障害のない次女、怜さん(11)の母親として、全国の当事者と共に問題解決に取り組んでいる。

今回は、障害者の家族同士の交流を目的に2006年に設立された東大阪市のNPO法人「いちばん星」(吉川芽莉代表理事)が企画。約30人が聴講した。

藤井氏は「親なきあと」を「親亡きあと」と表記しないことについて、「亡くならないまでも、子のお世話ができなくなるその時から、『親なきあと』が始まると考えてほしい」と説明した。

その上で「親のように子を見てくれる人は誰もいない。親にしかできない備えをして、子の豊かな人生を周囲の方々に支えてもらえるようにしたい」と指摘。成年後見制度=用語解説=に基づく後見人や福祉事業者らの協力を得ることが必要だと語り・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】コロナ禍でも法座開催を ガイドラインで“生命線”守る

  2. 【文化時報提供】厳粛に「臘八大接心」 花園禅塾

  3. 【文化時報提供】オウム25年③外側だけ残る伝統教団 瓜生崇氏(真宗大谷派)

  4. 【文化時報提供】正論を掛け合わせると、共感できないお寺の未来が見えてきた

  5. 【文化時報社提供】心のケア、尼僧だからこそ

  6. 【文化時報提供】お寺拠点に災害支援 鍵は企業連携