【文化時報提供】浄土宗議員、全員がPCR検査

※文化時報9月5日号の記事を再構成しました。写真は2019年3月に開かれた第120次宗議会。

浄土宗の議会運営委員会(鶴野重雄委員長)が8月31日、京都宗務庁で開催され、9月28日に開会する第124次宗議会について、全議員がPCR検査を受ける方針を決定した。10月1日に発足する四つの審議会についての各ブロックの所属議員数も決めた。

第124次宗議会では、新型コロナウイルスの感染拡大など緊急事態に対応するための法規の新設1件と、既存法規の改正10件、決算などの財政案件4件が提案される見込み。

PCR検査は、宗議会議員のほか、総大本山の執事長や宗務庁職員ら、議場に入る全員が受ける。事前に検査キットを郵送し・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】「マスク着用徹底」を呼び掛ける白々しさ

  2. 【文化時報提供】オウム25年②信者も被害者だった 楠山泰道氏(日蓮宗)

  3. 【文化時報提供】外来・在宅に学べ 進む「ビハーラ僧」養成

  4. 【文化時報社提供】復興へ 福島の春③たとえ檀家が離れても

  5. 【文化時報提供】コロナ禍でも法座開催を ガイドラインで“生命線”守る

  6. 【文化時報提供】仏教は心の病院 生の意義は死から