【文化時報提供】いざ鎌倉へ 日蓮聖人立像のみ入れ

日蓮宗は、宗祖日蓮聖人が鎌倉で行った辻説法にちなむ布教拠点に安置するため、日蓮聖人立像ののみ入れ式を7月29日、総本山身延山久遠寺(内野日総法主、山梨県身延町)の本堂で行った。導師は持田日勇総務が務め、内野法主や中川法政宗務総長と宗内の関係者が参列した。

日蓮聖人立像は身延山のクスノキを用いた一木造りで像高1・8㍍。のみ跡を残し、淡彩色で仕上げる。柳本伊左雄身延山大学特任教授が率いる制作集団「彫玄」が手掛け、来年9月までに完成させる予定。

日蓮宗は・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】正論を掛け合わせると、共感できないお寺の未来が見えてきた

  2. 【文化時報提供】住宅メーカーが本堂 兵庫・圓照寺

  3. 【文化時報提供】国宝庫裏 解体修理へ 妙法院門跡、活用も検討

  4. 【文化時報社提供】介護用おむつ 余ればお寺が受け渡し

  5. 【文化時報社提供】タリバンに信仰心で向き合う

  6. 【文化時報社提供】 健康の拠点はお寺 まちの保健室×介護者カフェ