【文化時報社提供】男性介護者が分かち合い 京都・中京「TOMO」

男性介護者が中心に集まるケアラーズカフェ=用語解説=がある。京都市中京区で活動する男性介護者の会「TOMO」。世話人代表の奥村弘さん(76)は「ケアラーは、自分の思いを抑え込んでしまう。だから、こんな場が大切」と話す。 

 「がん細胞の情報をあげるわ。すごい治療法が出てきたわ」。常連の男性は到着するや否や、治療方法を紹介した新聞記事のコピーを配りながら話した。集まったメンバーは「保険が利かへんやろ」「何百万もかかるで」などと返す。身の回りのたわいのない話にも花を咲かせ、時には介護の悩みを語り合う。

 妻を介護する89歳の男性は、妻がデイサービスに通っている時間帯を利用し、約6キロ離れた自宅から自転車でやってくる。おむつ替えや服の着せ替えを行っても、感謝の言葉は返ってこず、やるせなさを感じているという。TOMOだけが、心の内をさらけ出せる場・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                    文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

                   https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

文化時報の新しいウェブメディア「福祉仏教 for believe」

 https://fukushibukkyo.com/

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

【寺院向けはこちらまで】

お寺の窓口掲載   http://oteranavi.com/templeform/

仏具、白衣、足袋、法衣鞄、書籍などの必需品はこちら   https://otera-market.com/

関連記事

  1. 【文化時報社提供】終末期ケアを考える 沖縄大学、僧侶招き

  2. 【文化時報提供】安楽死の議論 宗教界こそ深めよ

  3. 【文化時報提供】陸のクラゲで寺院再興 龍谷大学が栽培開始

  4. 【文化時報社提供】全面解除で油断するな

  5. 【文化時報提供】オンライン法要は万能か 住職の違った真意

  6. 【文化時報社提供】「農福連携」仏教も 障害ある若者を農家へ