【ここより提供】お寺でつかれる除夜の鐘 煩悩の数の鐘をつく回数と意味は?

煩悩の数だけ鐘をつく除夜の鐘の回数は?

 

大晦日になるとお寺から聞こえてくる鐘の音。
皆様も一度は聞こえてきたことがあると思います。
その鐘は多くの寺院では大晦日に107回、新年に1回。

除夜の鐘をつく回数は、合わせて108回鳴らされていることをご存知ですか?

108という数字は人間の煩悩の数と言われています。ここでは、除夜の鐘の回数と、煩悩の関係についてご紹介してまいります・・・

                         ⬇︎

                           ⬇︎

                           ⬇︎

              続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

   ここよりのご案内

「ここより」とは

仏事のお困りごとから、悩める人の道しるべまでお坊さんをはじめとした「人生のコンシェルジュ」たちが明るく楽しく案内してくれる「心のよりどころ」

お寺のイベント紹介や展示会のレビュー。

ここよりファミリーたちの楽しいコラムなど「生きる楽しみ」を見つけられるサイトです。

ぜひお気軽に、お立ち寄りください!

https://coco-yori.com/

こちらの記事は、ここより様から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【ここより提供】もしもの時に把握しておきたい『海外滞在中に亡くなった時の手続き』

  2. 【ここより提供】お葬式のマナー?仏様にお唱えするお念仏ってなぁに?

  3. 【ここより提供】30年ぶりのお墓参り~悪いことと知りながら骨壺を取り出しました~【前編】

  4. 【ここより提供】いざとなって慌てることのないように『死後の手続き一覧』

  5. 【ここより提供】いつか必ず役に立つ『エンディングノート』

  6. 【ここより提供】家族を亡くされた方に読んでほしい…豊かな死を受け入れるために