【文化時報社提供】つなぐ心③悲嘆 お寺で明かす

※文化時報2022年1月14日号の掲載記事です。

 同じグリーフ(悲嘆)を味わった人同士だからこそ、共感し合えることもある。真宗大谷派超覺寺(広島市中区、和田隆彦住職)で開かれる「和(なごみ)の集い」は、夫を亡くした女性たちが集まり、心の内を共有する場だ。新型コロナウイルス感染拡大以降も欠かさず、毎月1回の分かち合いを続けている。

共有が一番の薬

 広島市の中心部、八丁堀に位置する超覺寺。繁華街の喧騒から隔たった広い本堂の一角で、数人の女性がテーブルを囲んでいる。

「周りからは『そろそろ立ち直らないと』と言われるけれど、何年たっても寂しくてたまらない」「連れ立って歩く夫婦を見ると・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】復興へ 福島の春⑤住職の飯館村長に聞く

  2. 【文化時報提供】英語坐禅が順調に再開 曹洞宗

  3. 【文化時報提供】住宅メーカーが本堂 兵庫・圓照寺

  4. 【文化時報社提供】タリバンに信仰心で向き合う

  5. 【文化時報提供】真言宗各派の枠を越え 高野山から東寺へ、飛鷹管長が就任式

  6. 【文化時報社提供】終末期ケアを考える 沖縄大学、僧侶招き