【文化時報社提供】〈23〉出所者の孤立防ぐ

※文化時報2021年12月20号の掲載記事です。

先日、ある男性が刑期を終えて出所してきた。服役中に働いて得た「作業賞与金」が数千円とわずかな手荷物。それが彼の全財産である。これで社会に放り出されて、どうやって生きていけばいいのだろう。

2006年1月、JR下関駅の東口駅舎が全焼する放火事件が起きた。犯人は前月に刑務所を出所したばかりの74歳の男性だった。

男性は出所しても行く当てもなく・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】「親なきあと」の現実㊦

  2. 【文化時報社提供】子どもは誰の宝でもない

  3. 【文化時報提供】大丸の新選組羽織、壬生寺へ 仏縁で技術結集、復元

  4. 【文化時報社提供】聞法道場に「親なきあと」相談室

  5. 【文化時報提供】祈りの形を新しく 京仏具小堀が「ホゥリーズ」立ち上げ

  6. 【文化時報提供】地蔵盆を守らなければ、日本の宗教が危うくなる