【文化時報社提供】「子ども食堂×寺子屋」で見たお寺の舞台裏 記者が体験ボランティア

※文化時報2022年1月18日号の掲載記事です。

子ども食堂=用語解説=と寺子屋を連動させている浄土宗願生寺(大河内大博住職、大阪市住吉区)。日頃からお寺を開き、社会とつながる数々の取り組みを打ち出している。「人手が足りないから、ぜひ手伝って」と大河内住職に頼まれ、あろうことか弊紙主筆から「それはいい。ぜひ体験ルポを書くように」と厳命されてしまった。昨年12月20日の活動に、ボランティアスタッフとして参加してみると、肝心なのは主体性だと気付かされた。(大橋学修)

大忙し、目的忘れる

子ども食堂は、願生寺近くのカフェの店休日を利用して毎月第3月曜に開かれている。

夕方5時にオープンするが、準備は2時間前から始まる。運営するボランティア団体「こども食堂にじっこ」代表の中西秀美さんは、料理を前日から仕込み、食品保存容器に詰めて持参。他のスタッフは、料理を素早く提供できるように小鉢に分けたり、机を消毒したりと準備に追われていた。

最初の来店者は大人、それも90歳の女性だった・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

 

関連記事

  1. 【文化時報社提供】 一人親支援にお寺活用 孤立防ぐ「街HUBプロジェクト」

  2. 【文化時報提供】佛教大学四条センター 移転へ

  3. 【文化時報社提供】在宅医療に電子連絡ノート「宗教者も参加を」

  4. 【文化時報社提供】災害関連死 段ボールベッドでお寺が防止

  5. 【文化時報提供】「親なきあと」考える 障害ある子の将来に備え

  6. 【文化時報社提供】親なきあと 金銭管理は