【文化時報社提供】日本の宗教界は、タリバンを注視すべきだ

※文化時報2021年8月30日号の社説「タリバンを注視せよ」の全文です。

イスラム原理主義勢力タリバンが、アフガニスタン全土を支配下に置いたと宣言し、実権を掌握した。今月17日に首都カブールで行った制圧後初の記者会見で、報道担当者は「イスラム法の枠内」で女性の就労・就学を認めると述べ、国土をテロ組織の温床にしないと表明した。

日本の宗教界は、動向を十分に注視する必要がある。

現地で教育支援事業を行ってきた曹洞宗関連の公益社団法人シャンティ国際ボランティア会(SVA)は・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】国宝庫裏 解体修理へ 妙法院門跡、活用も検討

  2. 【文化時報提供】コロナ疲れ 心に潤い…ライトアップは宗教性前面に

  3. 【文化時報社提供】 一人親支援にお寺活用 孤立防ぐ「街HUBプロジェクト」

  4. 【文化時報提供】「不滅の法灯」灯し法要 天台宗、広島で

  5. 【文化時報提供】宗教界は未来を語れ

  6. 【文化時報提供】五大力尊で安心を 醍醐寺が病魔退散法要