【文化時報社提供】復興へ 福島の春①報恩講、小さくて大きな一歩

※2021年新年号の掲載記事を再構成しました。写真は帰還困難区域が広がる国道6号の周辺

東日本大震災は今年、発生から10年を迎える。福島第1原子力発電所事故で、原発周辺の寺院や檀信徒・門徒らは平穏な生活が奪われ、今なお帰還困難区域や汚染水、汚染土の処分を巡る多くの問題に翻弄されている。それでも東京電力側との補償交渉は進み、多くの寺院が堂宇の修復を始めた。人が集まるお寺の再興は、町の復興にもつながる。節目の「3・11」を控える福島の今を追った。(編集委員 泉英明)

「何も変わらない」からの変化

「あっという間だったが、9年もかかったのかという思いもある」

福島県浪江町で昨年11月29日、2010年以来10年ぶりの報恩講を営んだ浄土真宗本願寺派常福寺の廣畑恵順住職は、安堵の表情を浮かべた。

境内の離れを改修し、お内仏を据えて荘厳を整えた・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】 健康の拠点はお寺 まちの保健室×介護者カフェ

  2. 【文化時報提供】盗難仏を展示 “奥の手”使う博物館の困った事情

  3. 【文化時報社提供】寺社の防災拠点化急げ

  4. 【文化時報提供】住宅メーカーが本堂 兵庫・圓照寺

  5. 【文化時報提供】社説 分断を乗り越えよ

  6. 【文化時報社提供】復興へ 福島の春③たとえ檀家が離れても