【文化時報社提供】五輪開催の覚悟を問う

※文化時報2021年6月28日号の社説です。

「もし輪廻が存在し100年後に戻ってきたなら、私は自分が作ったものを全て破壊するだろう」

近代オリンピックを提唱したクーベルタン男爵(1863~1937)は、晩年になってそう語った。生みの親が激しく後悔するほど当初の理想とかけ離れた五輪は、冬季を含めて戦争で5回中止された以外、途切れることなく続いている。

この言葉を引き合いに・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】燃え立つ浄火 五大力尊に祈り

  2. 【文化時報社提供】介護用おむつ 余ればお寺が受け渡し

  3. 【文化時報社提供】終末期ケアを考える 沖縄大学、僧侶招き

  4. 【文化時報提供】清浄な水涌く泉涌寺 祈りとアートの融合

  5. 【文化時報提供】「いい加減な僧侶で式が台無し」葬儀社の本音を聞いた寺院は…

  6. 【文化時報提供】災害対応で宗教と協力、社協の4割に 寺社の避難所は倍増