【文化時報社提供】浅はかな人間は「一体いつまで我慢すれば…」と考える

※文化時報2021年6月7日号の社説「有事の智慧と平時の心」の全文です。

政府が東京や大阪、京都など9都道府県に出していた緊急事態宣言の期限を、20日まで再延長した。菅義偉首相は5月28日の記者会見で「たび重なる延長は大変に心苦しい」としながらも、感染者数の減少に向けて「以前より長い時間を必要としている」と語った。

感染力の強い英国型やインド型の変異株が急速に広がっているのが背景にあることは分かる。それでも、大型連休中に「短期間に集中して感染を抑え込む」としながら、ずるずると宣言を引き延ばしてきた見通しの甘さに・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】災害対応で宗教と協力、社協の4割に 寺社の避難所は倍増

  2. 【文化時報提供】医療従事者「支えは仏教」

  3. 【文化時報提供】地域包括、終活で充実 カフェで「官仏連携」

  4. 【文化時報提供】「グリーフケアは僧侶の使命」当事者、学んで向き合う

  5. 【文化時報提供】「不滅の法灯」灯し法要 天台宗、広島で

  6. 【文化時報提供】「粉河の荒れ寺」再興 廃墟から7年越しの悲願