【文化時報社提供】「本願寺の保健室」リニューアル

※文化時報2021年5月31日号の掲載記事です。

浄土真宗本願寺派関係の一般財団法人本願寺ビハーラ医療福祉会(出口湛龍理事長)が運営を手掛け、「本願寺の保健室」として親しまれてきた西本願寺あそか診療所(京都市下京区)が6月1日、「あそか花屋町クリニック」としてリニューアルオープンを迎える。無料健康相談や独立型緩和ケア病棟「あそかビハーラ病院」(京都府城陽市)との連携を計画しているほか、新型コロナウイルスワクチンの個別接種にも対応し、地域のかかりつけ医療機関として再スタートを切る。

緩和ケアとも連携

あそか診療所は1926(大正15)年、低所得者を対象とする内科の「六条診療所」として開院した。40(昭和15)年に小児科、50年に婦人科を開設し、49年には健康保険医指定を受けた。

本願寺門徒会館1階の現在地には、98(平成10)年に入居。建物の・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】合理的配慮への違和感

  2. 【文化時報提供】仏教は心の病院 生の意義は死から

  3. 【文化時報提供】「マスク着用徹底」を呼び掛ける白々しさ

  4. 【文化時報提供】真言宗各派の枠を越え 高野山から東寺へ、飛鷹管長が就任式

  5. 【文化時報提供】もう一つの京都送り火 大覚寺で「宵弘法」

  6. 【文化時報提供】祈りの形を新しく 京仏具小堀が「ホゥリーズ」立ち上げ