【文化時報提供】正論を掛け合わせると、共感できないお寺の未来が見えてきた

※文化時報2020年12月5日号の社説「共感できない未来」の全文です。

消化不良だった。先の第6回エンディング産業展で注目されていたセミナーを聴講した感想である。

登壇したのは全日本仏教会の戸松義晴理事長と、浄土真宗本願寺派築地本願寺の安永雄玄宗務長。共に仏教界のトップランナーであり、改革の旗振り役でもある両氏は、文化時報の紙面に何度も登場いただいている。今回の講演内容も決してつまらないものではなく、むしろ充実していた。

それなのに後味が悪かったのは、話の先に広がる仏教界の未来に、共感できる材料が乏しかったためだ。

2日号で報じた通り、セミナーは産業展2日目の11月25日に行われた。安永宗務長、戸松理事長の順に登壇し、2人のディスカッションもあった。

安永宗務長は、宗教法人と株式会社の経営は同じであり、「収入なくして伝道なし」と明言した。人口減少と檀家制度の崩壊を見据え、新しい檀信徒・門信徒の視点が寺院・僧侶のサバイバルに必要だと唱えた。

戸松理事長は、各種世論調査のデータを基に、人々の信仰心と寺院・僧侶の意識のギャップを丹念に拾い上げた。その上で「画一的な儀礼や仏教行事の提供から、檀家一軒一軒とのオーダーメイドの関係構築を」と呼び掛けた。

2人の意見はそれぞれ正論なのだが・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】「本願寺の保健室」リニューアル

  2. 【文化時報提供】コロナ禍でも、宗教施設は門を開けよ

  3. 【文化時報提供】信長・光秀平等に 延暦寺で焼き討ち450回忌

  4. 【文化時報提供】コロナ疲れ 心に潤い…ライトアップは宗教性前面に

  5. 【文化時報提供】大師修行の聖地、台風被害が判明

  6. 【文化時報提供】オウム25年①問われる信教の自由 小原克博氏(同志社大学)