【文化時報提供】点火せず香りともそう 若林、線香新ブランド

※文化時報2020年11月25日号の掲載記事です。

若林佛具製作所(若林智幸社長、京都市下京区)は25日から、京都本店と築地店(東京都中央区)、同社が手掛けるオンラインショップ「なごみ工房」などで、火を使わない線香の新ブランド「hito/toki(ひととき)」を販売する。担当者は「変化の激しい時代だからこそ、ほんのひととき、心穏やかな時間を過ごしてほしい」と話している。

安全性の観点から、子どものいる世帯や高齢者らが火器の使用をためらうケースも少なくない。1830(天保元)年創業の老舗仏壇・仏具メーカーとして、そうした現代的なニーズと・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】地域包括、終活で充実 カフェで「官仏連携」

  2. 【文化時報提供】仏教は心の病院 生の意義は死から

  3. 【文化時報提供】福島が生き方変えた 原発事故の避難者支援は今

  4. 【文化時報提供】事件が安楽死でなくても、安楽死について考えなければならない

  5. 【文化時報社提供】五輪開催の覚悟を問う

  6. 【文化時報提供】五大力尊で安心を 醍醐寺が病魔退散法要