【文化時報提供】【速報】知恩院、感染拡大後初の満堂へ 来年3月

※文化時報2020年11月25日号掲載の独自ダネです。

浄土宗総本山知恩院(京都市東山区)が来年3月、新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊縮態勢を取って以降、初めて参列者250人規模の法要を受け入れることが関係者への取材で分かった。間隔を空けて椅子席を設置すれば満堂になる規模。4月の御忌大会=用語解説=も同規模とする方針。

初めて250人規模となるのは、3月6日に大阪教区が開催する檀信徒大会。内陣の両側にある脇間と外陣を参列者用のスペースに利用する。間隔を空けて椅子を設置すれば、最大で250人が参列できるという。

大阪府全域から檀信徒が参加。45人乗りのバスに20人程度の乗車を想定し、すでにバスをチャーターした。再び自粛要請が行われる可能性もあるため、1月末に履行の可否を最終決定する。

一方、御忌大会では僧侶らが大声で読経し・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】オンライン法要は万能か 住職の違った真意

  2. 【文化時報提供】「不滅の法灯」灯し法要 天台宗、広島で

  3. 【文化時報社提供】 宇宙に浮かぶ内陣 ホテル一体型・浄教寺

  4. 【文化時報社提供】学習塾をお寺に 誘致したのは京都の法衣店

  5. 【文化時報提供】在家から僧侶になった瞬間があった

  6. 【文化時報社提供】 指示されても避難できない人々を、誰が救うのか