【文化時報提供】カードからSNSへ 曹洞禅の伝え方

※文化時報2020年11月4日号の掲載記事です。

曹洞禅の魅力を広く知ってもらうために運営する会員制交流サイト(SNS)のアカウントを周知するため、曹洞宗は、僧堂の風景などのポストカードを作成した。9月に東京グランドホテルで開催した英語坐禅会「ZEN Class」で初めて配布した。

宗では、広報用素材として僧堂の画像や映像を蓄積。これらの一部を画像共有アプリ「インスタグラム」や動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。

ポストカードは、僧堂の画像に・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】全共闘から禅へ「情熱こそが原動力だった」

  2. 【文化時報提供】外来・在宅に学べ 進む「ビハーラ僧」養成

  3. 【文化時報提供】「門付け」で月参り 昔ながらで3密避ける

  4. 【文化時報提供】国宝庫裏 解体修理へ 妙法院門跡、活用も検討

  5. 【文化時報提供】地蔵盆を守らなければ、日本の宗教が危うくなる

  6. 【文化時報提供】パティシエに留学生…15人が得度式 高野山無量光院