【文化時報提供】佛教大学四条センター 移転へ

※文化時報2020年10月31日号の掲載記事です。写真は歴代センター長の記念鼎談。

佛教大学は23日、四条センター(京都市下京区)を閉鎖し紫野キャンパス(同市北区)に機能を移すセレモニーを行った。来年4月からは「佛教大学オープンラーニングセンター」として、情報通信技術(ICT)を活用し、オンラインと対面を併用した講義を行う。将来的にはより利便性の高い二条キャンパス(同市中京区)への再移転も視野に入れる。

四条センターは1984(昭和59)年11月、京都市中心部の四条烏丸に開設。大学で蓄積してきた学問と研究成果を社会に還元する生涯学習施設として、毎年200以上の講座を開き、年間3万5千人以上が学んできた。

人気講座をより多くの人に受講してもらうとともに、京都以外からでも参加しやすくしようと、昨年からICTの活用を検討。四条センターでは通信環境が整っておらず、新型コロナウイルスの感染拡大も相まって、移転と新センターの開設を決めた。

四条センターでは・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】オウム25年④完 アクリル板越しの出遇い 鈴木君代さん(真宗大谷派) 17

  2. 【文化時報提供】今や寺院は企業化 僧侶は自らを省みよ

  3. 【文化時報提供】仏教は心の病院 生の意義は死から

  4. 【文化時報提供】宗教界は未来を語れ

  5. 【文化時報提供】父の事故死、コロナ禍に重ね 浄土宗常楽寺・浦上住職

  6. 【文化時報提供】盗難仏を展示 “奥の手”使う博物館の困った事情