【文化時報提供】「いい加減な僧侶で式が台無し」葬儀社の本音を聞いた寺院は…

※文化時報2020年10月24日号の社説「『チーム葬儀』の進め方」の全文です。

浄土真宗本願寺派の本願寺鹿児島別院・教区には、将来展望委員会という組織がある。その一角を担う伝道検討委員会が昨年10月、地元の葬儀社6社と意見交換会を開いた。

家族葬や直葬は、どこまで増えているのか。お墓や納骨堂以外の埋葬を選ぶ遺族は、どれほどいるのか。葬儀社にとっては企業秘密にしたい部分もあっただろうが、一定のデータが示されたことで、鹿児島における葬儀離れの現状を寺院側が確認できたという。

こうした情報収集は、有力寺院が業者を呼び付けるだけでできるわけではない。本願寺鹿児島別院・教区がうまくできたのには、理由があった。

質問内容を事前に葬儀社側へ知らせ、「忌憚のないご意見を寄せてください」との設問を設けた。意見交換会は「寺院側の要望を伝えるものではない」と念を押し、結果として葬儀社側からさまざまな苦情を受けた。

例えば、「表白で名前の読み間違いがあった」「姿勢や作法がいい加減な僧侶がいて、式が台無しになっている」との指摘だ。式場での勤行が長すぎるので、40分以内で収めてほしいとの要望も相次いだ。

僧侶としては、首肯しがたい意見もあっただろう。だが、寺院側からは「葬儀社と寺院がコミュニケーションを取ることの重要性を感じた」との声が上がり、葬儀社側からは「初めて本音が言えた」との感想が漏れたという。

これは、寺院が葬儀社と対等に意見交換したことの証しだといえる。寺院経営に直結する貴重な情報を得られたのは、葬儀の在り方を共に考えたいという真摯な姿勢を、葬儀社側に示したからにほかならない。

葬儀は僧侶の専売特許ではない。宗教儀礼を行えるのは僧侶しかいないが・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】「親なきあと」考える 障害ある子の将来に備え

  2. 【文化時報社提供】復興へ 福島の春③たとえ檀家が離れても

  3. 【文化時報提供】オウム25年③外側だけ残る伝統教団 瓜生崇氏(真宗大谷派)

  4. 【文化時報社提供】チーム葬儀に活路 本願寺鹿児島別院

  5. 【文化時報提供】羅城門を未来へ 東寺で構想発表

  6. 【文化時報社提供】介護用おむつ 余ればお寺が受け渡し