【文化時報提供】今年こそ戦争を考えよう 戦後75年の特殊性

※文化時報2020年8月8日号に掲載された社説「戦後75年の特殊性」の全文を転載します。

昭和16(1941)年、日本はなぜ勝ち目のないアメリカとの戦争を始めたのだろうか。そんな一文から始まる『経済学者たちの日米開戦 秋丸機関「幻の報告書」の謎を解く』(牧野邦昭著、新潮社)が出版されたのは、2年前のことだ。陸軍省戦争経済研究班(通称・秋丸機関)の未発見資料を基に、日本が開戦に踏み切った経緯を丹念に分析した良書である。

開戦直前、日本はアメリカによる資産凍結や石油禁輸などで窮地に追い込まれていた。日米の経済力には大きな差があり、戦争すれば敗北は確実だという予測を、すでに国のさまざまな機関がシミュレーションで示していた。

これを「無視して」軍部や指導者が開戦へ突き進んだという通説を、著者は否定する。むしろ、軍部や指導者の誰もが敗北の予測を認識していたのに、開戦を決めてしまったのだ、と。

著者が根拠としたのは、行動経済学と社会心理学の知見だ。人間は損をする選択肢では一か八かを選びがちだという「プロスペクト理論」と、集団による意思決定は個人よりも結論が極端になりやすいという「リスキーシフト」に基づき、こう説明した。

「日本の指導者にとっては、3年後の確実な敗北よりも、国際情勢次第で結末が変化し、場合によっては日本に有利に働くかもしれない開戦の方が『まだまし』と思えたのである」

二度と戦争を繰り返さないと誓う私たちは・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】全共闘から禅へ「情熱こそが原動力だった」

  2. 【文化時報提供】「離郷檀信徒」の葬儀仲介 都市と地方の寺結ぶ

  3. 【文化時報提供】大丸の新選組羽織、壬生寺へ 仏縁で技術結集、復元

  4. 【文化時報提供】天台宗・杜多内局 11月総辞職へ

  5. 【文化時報提供】西山浄土宗、宗会を解散 京都西山学園巡り

  6. 【文化時報提供】事件が安楽死でなくても、安楽死について考えなければならない