【文化時報提供】安楽死の議論 宗教界こそ深めよ

※文化時報2020年8月1日号に掲載された社説「安楽死の議論深めよ」の全文を転載します。

衝撃の事件が起きた。ALS(筋萎縮性側索硬化症)患者の女性から依頼を受け、医師2人が薬物を投与して殺害したとされる事件だ。京都府警による断片的な捜査情報が報じられている段階であり、予断は排すべきだが、「安楽死」とは呼べないずさんで傲慢な対応が透けて見える。

薬物投与によって患者の死期を早めることは「積極的安楽死」と呼ばれる。17世紀に英国の哲学者フランシス・ベーコンが提唱したとされ、日本では明治期に森鷗外が概念を伝えたが、法律では認められていない。

例外的に合法とされる要件は、東海大学医学部付属病院の安楽死事件で、1995年の横浜地裁判決が示した。患者に耐えがたい肉体的苦痛がある▽死期が迫っている▽苦痛の除去・緩和の代替手段がない▽患者の意思表示がある―の4要件である。

京都府警は、2人が4要件を満たさず、女性の主治医でなかった上に多額の金銭を得ていたとして、嘱託殺人容疑での立件に踏み切ったという。

今回の事件を機に、安楽死についての議論を、特に宗教界は深めるべきだろう。女性が大金を払ってまで見ず知らずの医師を頼り、安楽死を選ばざるを得なかったところに、根深い問題があるからだ。

「こんなに苦しい思いをしてまで生きないといけないのか」。女性はブログにそうつづっていたという。「死にたい」という気持ちを頭ごなしに否定してはならないが・・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週水曜日・土曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】福島が生き方変えた 原発事故の避難者支援は今

  2. 【文化時報提供】Zoomで医療者ケア 宗教者が悩み聴く

  3. 【文化時報提供】真言宗各派の枠を越え 高野山から東寺へ、飛鷹管長が就任式

  4. 【文化時報提供】「粉河の荒れ寺」再興 廃墟から7年越しの悲願

  5. 【文化時報提供】東北福祉大学「名誉学長」騒動 第三者委の見立ては

  6. 【文化時報提供】浄土宗職員が新型コロナ感染、自宅待機