■常楽寺-曹洞宗

IMG_3100

常楽寺

住所:秩父市熊木町43‐28

建立:1234年 文歴元年

WEBサイト:https://www.ameyakushi.com/

 

  • IMG_3100
    お話と祈りの集い

【お寺からのご案内】

お寺基本情報

夕陽輝く龍雲が見える寺 常楽寺 -

南石山常楽寺(なんせきざんじょうらくじ)は、1234年 文暦元年の鎌倉時代より続く秩父札所の寺院です。

明治のはじめまでは、秩父地域唯一の天台宗のお寺でした。仁王門を擁し、広大な敷地であったと伝えられています。明治11年秩父大火により、すべての伽藍が焼失し、廃寺となってしまいました。古い資料は、ほとんど失っています。
地元熊木町会の人たちの力で、札所として守られてきました。慈眼寺18世弘道和尚が、慈眼寺境外佛堂として管理し、昭和54年に新たに宗教法人常楽寺が設立されて曹洞宗に属するようになりました。
そのため、天台宗中興の祖である元三大師(がんざんだいし)が祀られており、
曹洞宗になった今でも正月3日の縁日は、ダルマを求める人でにぎわっています。

罪科も消えよと祈る坂氷 朝日はささで夕陽輝く

江戸時代から詠われている秩父札所十一番常楽寺のご詠歌です。江戸のころから、罪科を消したいと祈る方々のお参りが多くあったことが伺えます。坂氷とは、常楽寺近辺の地名です。冬になると朝日が当たらないため、坂が氷るほど冷たい場所を表しています。

常楽寺には、普賢菩薩が祀られてします。この普賢菩薩と「罪科も消えよと祈る」ということは、深いつながりがあります。 わたしたちは、誰もがみな、思い出したくない過去や消し去り忘れ去りたい罪を犯しています。その罪科を消えよと祈る佛様、菩薩様は、何かというと普賢菩薩なのです。

普賢菩薩は、十の大願を立てています。1礼敬諸仏2称賛如来3広修供養4懴悔業障5随喜功徳6請転法輪7請佛住世8常随佛学9恒順衆生10普皆回向です。4番目に懴悔業障とあります。これが、罪科を懴悔して悔い改めることなのです。少しわかりやすくまとめました。。
罪科も消えよと祈る 常楽寺
懴悔業障

我々が自己反省の重要性に目を向ける時、菩薩が行う「懺悔業障」の教えに心を傾けなければなりません。この教えによれば、我々は過去の計り知れない長きにわたる時間の間に、貪(欲望)、瞋(怒り)、癡(無知)の三毒に従い、身、口、意(心)で為した無量の悪行を持つことを認めるべきです。これらの悪行が形となっていたら、虚空すらも満たすことはできないでしょう。私たちは今、すべてを清浄にし、法界に遍在する無数の仏刹に住む諸佛菩薩の前で、真心を持って懺悔するのです。そして、今後は二度とそのような行いをせず、清らかな戒律を守り、行動を功徳へと変えることを誓います。この懺悔は、虚空が尽き、衆生が尽き、行為が尽き、煩悩が尽きるその時まで、終わることはありません。しかし、虚空や煩悩が尽きることはないため、私たちの懺悔もまた終わることはありません。一瞬一瞬を大切に、途切れることなく、身と言葉と心と行いで、懺悔を続けていくべきです。

過去の悪行に深く目を向け、心からの懺悔の意を表すことの重要性が語られています。懺悔は、過ちを認めるだけでなく、清らかな心と行動で生きることの誓いを意味し、その精神を永遠に持続させることが強調されています。

秩父札所を巡る旅は、ただの観光ではなく、心の浄化と精神の成長への旅です。中でも、十一番札所である常楽寺は、その旅の中で特別な意味を持つ場所の一つです。ここには、「罪科も消えよと祈る坂氷 朝日はささで夕陽輝く」というご詠歌があります。この詠歌は、我々が持つ罪や煩悩が、朝日に照らされ、夕陽に輝く坂の氷のように溶けて無くなることを願う心が込められています。日々の生活で積み重ねた過ちや悩みが、清らかな自然の力によって浄化される希望の象徴です。 常楽寺には普賢菩薩が祀られています。普賢菩薩は、仏教における行動の理想を体現する存在とされ、菩薩行(仏道修行)の精神を象徴しています。普賢菩薩が祀られていることの価値は、ただ神聖な場所であるということだけではありません。それは、我々が自らの行いを振り返り、より良い方向へと進むための強い意志と、心からの懺悔を促す象徴としての役割を持つことです。普賢菩薩の前で、我々は過去の過ちを真心から懺悔し、清らかな心で再び歩み出す決意を新たにすることができるのです。 このように、秩父札所の一つ一つは、ただの仏教的な意義だけでなく、個々の人々の心の成長と精神的な旅の目的地としての重要な役割を果たしています。常楽寺での体験は、我々が持つ罪や煩悩を消し去り、心を清浄にし、普賢菩薩のような崇高な行動を目指す旅の一歩となるのです。

寺院名 常楽寺
じょうらくじ
山号 南石山
宗派 曹洞宗
建立 1234年 文歴元年
住所 秩父市熊木町43‐28
TEL 0494-26-6051
WEBサイト https://www.ameyakushi.com/
アクセス 西武鉄道西武秩父駅から1キロ 徒歩15分
秩父鉄道御花畑駅から1キロ 徒歩15分

 

関連記事

  1. gankyoji06

    ■願慶寺-浄土真宗(東本願寺)

  2. 【お知らせ】寺院向けアンカレッジの樹木葬・永代供養墓セミナーのご案内

  3. TERA-MACHI-2d8783b3

    ■築地本願寺王子布教所-浄土真宗本願寺派(西本願寺)

  4. 転びやすい高齢者の日常

  5. 38F98DA5-7E6D-4BFD-844C-3A12EE853149-356ea9d1

    ■曹洞宗 瑞龍山 最勝寺-曹洞宗

  6. IMGP001216-e2aa7b00

    ■廣徳寺-臨済宗建長寺派