人が亡くなった時の手続きの仕方

人が亡くなった場合、その遺体や遺品、財産などに関する様々な手続きが必要となります。以下に、一般的な手続きを順に追って説明します。

まず、人が亡くなったら、家族や関係者は、警察や救急隊に通報します。警察が来て現場を確認し、必要に応じて遺体を搬送します。次に、死亡診断書を発行するために医師が現れ、死因を確認し、死亡証明書を発行します。

その後、葬儀や告別式の手続きが始まります。遺族は、葬儀社や斎場と連絡を取り、葬儀や告別式の日時や内容を決定します。また、遺族や関係者は、友人や知人に対して訃報を伝える手配も行います。

葬儀や告別式が終わった後、遺体は火葬または埋葬のために処理されます。遺族は、遺体の処理方法や墓地の選定、墓石の手配などを行います。

同時に、遺産や財産の手続きも進められます。遺言書がある場合には、遺言通りに財産を分配する手続きが行われます。遺言書がない場合には、相続人や遺族が相続人として財産を分割し、相続手続きを進めます。この際、相続税の手続きも必要となります。

さらに、社会保険や年金、銀行口座、保険などの各種契約の解約や変更手続きも行われます。遺族や関係者は、遺産や財産に関する手続きを進めるために、各機関や機関と連絡を取り、必要な手続きを行います。

最後に、遺族や関係者は、故人の遺品や遺言書、最後の意志などを整理し、必要な場合には弁護士や税理士、行政書士などの専門家の助言を受けながら、残された手続きを完了させます。

以上が、人が亡くなった際の手続きの一般的な順序です。ただし、具体的な手続きは個々の状況や法律の適用によって異なりますので、関係者は専門家の助言を受けながら進めることが重要です。

関連記事

  1. お寺の檀家制度ってなに?

  2. 【お知らせ】輝け!お寺の掲示板大賞2022!

  3. 人が亡くなった際の手続き方法

  4. 【H-1グランプリ】H1法話グランプリからのお知らせ

  5. 【税務調査が入るお寺事情】第34回お寺の窓口会アーカイブの動画と資料アップ(有料)

  6. お墓・納骨堂・樹木葬のメリットとデメリットとは・・・