【文化時報社提供】和んで分かち合い 親あるあいだの語らいカフェ

※文化時報2022年12月13日号の掲載記事です。

 

障害のある子やひきこもりの子の面倒を親が見られなくなる「親なきあと」をテーマにした「親あるあいだの語らいカフェ㏌城興寺」が4日、京都市南区の真言宗泉涌寺派城興寺(上原慎勢住職)で開かれた。

障害のある当事者や家族、支援者ら11人が参加し、不安や悩みを分かち合った。

 

文化時報社が設立した一般財団法人「お寺と教会の親なきあと相談室」(小野木康雄代表理事)が協力する事業で、今回が3回目。参加者らは、心の琴線に触れる言葉だけを記して吉凶を占わない城興寺オリジナルの「小指みくじ」を引いて和んでから、僧侶や支援者らと語り合った。

 

知的障害を伴う自閉症の長男(18)を連れて参加した京都府京田辺市の藤井克則さん(59)、真弓さん(53)夫妻は、親なきあとに関するさまざまな専門家の意見を聞いた上で参加したが、「改めていろいろな話を聞けて良かった」と、ほっとした表情を見せた。

 

克則さんは・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

              続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                    文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

                   https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

文化時報の新しいウェブメディア「福祉仏教 for believe」

 https://fukushibukkyo.com/

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

【寺院向けはこちらまで】

お寺の窓口掲載   http://oteranavi.com/templeform/

仏具、白衣、足袋、法衣鞄、書籍などの必需品はこちら   https://otera-market.com/

関連記事

  1. 【文化時報提供】外来・在宅に学べ 進む「ビハーラ僧」養成

  2. 【文化時報提供】英語坐禅が順調に再開 曹洞宗

  3. 【文化時報提供】戦後75年 本願寺派が千鳥ヶ淵法要

  4. 【文化時報社提供】医ケア児と出会う場を お寺の防災で意見交換

  5. 【文化時報社提供】まちの保健室と協力 お寺と教会の親なきあと相談室

  6. 【文化時報社提供】お寺に水素発電機 災害時に備え