【文化時報社提供】80代の現役ヘルパー 何と職場結婚も

「生涯現役社会」という言葉はすっかり定着しました。「何歳になっても自分の知識や経験、技能を生かして働きたい」「社会との関わりを持ち続けていたい」と希望する高齢者は多く、企業はそれに応えるように定年制度の廃止や延長、高齢者の新規雇用などに取り組んでいます。

8月には大阪のインターネット関連企業が「60歳の定年以降は、1年ごとの契約更新で最長100歳まで働くことが可能」という驚くべき新人事制度を発表しました。

そうした「働きたい高齢者」が活躍できる代表的な職場として・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

              続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                    文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

                   https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

文化時報の新しいウェブメディア「福祉仏教 for believe」

 https://fukushibukkyo.com/

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

【寺院向けはこちらまで】

お寺の窓口掲載   http://oteranavi.com/templeform/

仏具、白衣、足袋、法衣鞄、書籍などの必需品はこちら   https://otera-market.com/

関連記事

  1. 【文化時報社提供】復興へ 福島の春④故郷に帰れぬ遺骨

  2. 【文化時報社提供】お寺で「まちの助産師」産前産後の居場所に

  3. 【文化時報社提供】認知症の方がカラオケ大会に出場 特例のはずが…

  4. 【文化時報社提供】 指示されても避難できない人々を、誰が救うのか

  5. 【文化時報社提供】緩和ケア行う僧侶兼医師「看取りは僧侶の役割」 

  6. 【文化時報社提供】入浴介助のわな