【文化時報社提供】「親なきあと」のお金を知ろう

障害者の親やきょうだいなど親族の立場にある専門家たちでつくる一般社団法人「親なきあと」相談室関西ネットワーク(藤原由親・藤井奈緒代表理事)は9月29日、大阪市立青少年センター(大阪市東淀川区)でセミナーを開いた。新型コロナウイルス感染拡大を受け、対面での開催は2年7カ月ぶり。外資系金融機関に勤務する同ネットワーク相談員の芳賀久和さんが「親なきあとのお金のお話」と題して講演し、25人が参加した。

芳賀さんには双子の息子がおり、2人とも知的障害を伴う自閉症スペクトラム障害がある。
講演で芳賀さんは、障害者の親には「この子より先に死ねない」という切実な思いがあると強調。「子どものために、何でも自分でやりたいと思うかもしれないが、現実的にはどこかでできなくなる。いろいろな支援者が周りにいて、子どもが幸せに生きていける世界をつくりたい」と語った。
その上で、20歳以降に支給される障害基礎年金などに鑑みると、本人の収入は月額約8万円が目安になると指摘。

一方で支出は、グループホームの費用や成年後見人への報酬、趣味、医療費などが想定されるとし、月額5万円程度を上乗せできれば望ましいとの考えを示した。
子どもへのお金の残し方は・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

              続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                    文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

                   https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

文化時報の新しいウェブメディア「福祉仏教 for believe」

 https://fukushibukkyo.com/

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

【寺院向けはこちらまで】

お寺の窓口掲載   http://oteranavi.com/templeform/

仏具、白衣、足袋、法衣鞄、書籍などの必需品はこちら   https://otera-market.com/

 

関連記事

  1. 【文化時報提供】今年こそ戦争を考えよう 戦後75年の特殊性

  2. 【文化時報提供】子ども食堂 お寺が参入する理由

  3. 【文化時報提供】西山浄土宗、宗会を解散 京都西山学園巡り

  4. 【文化時報社提供】復興へ 福島の春④故郷に帰れぬ遺骨

  5. 【文化時報提供】五大力尊で安心を 醍醐寺が病魔退散法要

  6. 【文化時報提供】清浄な水涌く泉涌寺 祈りとアートの融合