【文化時報社提供】お寺の漫画図書館好評

※文化時報2022年2月25日号の掲載記事です。

 仏教に関する漫画だけを集めた「お寺の漫画図書館」が、東京都港区にある。民家のようなたたずまいの浄土宗多聞院(たもんいん)だ。近くにある観智院の土屋正道住職(62)が館長と兼務住職を務め、毎週水曜と土曜に無料で開放する。来場者は畳の部屋で好きなだけ漫画を読み、本堂に置かれた木魚をたたき、写経をする。漫画喫茶や公立図書館とは一味違う、心の平安を得られる場所にしたいと土屋住職は言う。(山根陽一)

由緒ある念仏道場

 元々は大本山増上寺の境内だったという芝公園付近には、高層ビル群の中に幾つもの寺院が残っている。

 多聞院もその一つで、かつては仏教を学ぶ僧侶の学寮だった。大正時代は・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】浅はかな人間は「一体いつまで我慢すれば…」と考える

  2. 【文化時報提供】【速報】知恩院、感染拡大後初の満堂へ 来年3月

  3. 【文化時報提供】今や寺院は企業化 僧侶は自らを省みよ

  4. 【文化時報提供】お堂の鐘は地域の絆 高知の〝ポツンと山寺〟

  5. 【文化時報社提供】生理の貧困 僧侶も協力

  6. 【文化時報提供】命の灯、ハスに託す 浄土真宗本願寺派が法要ロゴ