【文化時報社提供】出生前診断は危険だ

※文化時報2022年4月15日号に掲載された社説です。

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断(NIPT)について、日本医学会の運営委員会は、施設の数を増やし、希望する妊婦全員が検査を受けられるようにする新たな指針を決めた。近く適用が始まるが、命の選別を助長する施策であり、宗教界は断固として反対すべきだ。

 NIPTは、DNA検査に基づき・・・        

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】 指示されても避難できない人々を、誰が救うのか

  2. 【文化時報提供】「いのちのケア」実践を 臨床仏教公開講座

  3. 【文化時報社提供】不登校の受け皿 お寺を居場所に

  4. 【文化時報社提供】学習塾をお寺に 誘致したのは京都の法衣店

  5. 【文化時報社提供】「本願寺の保健室」リニューアル

  6. 【文化時報提供】社説 分断を乗り越えよ