【ここより提供】逝去後、はじめて行う追悼供養『初七日法要』

逝去後、はじめて行う追悼供養が「初七日法要」です。初七日法要とは文字通り命日から数えて7日目に執り行う法要のことなのですが、実際のところ、近年では7日目に初七日法要を行うことは少なくなってきています。

「初七日法要」とは?

 

初七日とは仏教の教えによると「この世を旅立った故人が三途の川にたどり着く日である」と考えられています。そしてこの三途の川には流れの緩やかな場所と激しい場所があり、どこを渡るかは故人の生前の行いによって決まるとされています。誰だって自分の大切な人には激流や急流の場所を渡るのではなく、流れの緩やかな浅瀬を穏やかに渡って行ってもらいたいと思うものでしょう。初七日法要とは、そのような願いを込めて・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

   ここよりのご案内

「ここより」とは

仏事のお困りごとから、悩める人の道しるべまでお坊さんをはじめとした「人生のコンシェルジュ」たちが明るく楽しく案内してくれる「心のよりどころ」

お寺のイベント紹介や展示会のレビュー。

ここよりファミリーたちの楽しいコラムなど「生きる楽しみ」を見つけられるサイトです。

ぜひお気軽に、お立ち寄りください!

https://coco-yori.com/

こちらの記事は、ここより様から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【ここより提供】両親を同時に亡くした。お坊さんのコラム

  2. 【ここより提供】意外と知らない『神社が作られた意味』

  3. 【ここより提供】「お盆の意味」に触れてみませんか?

  4. 【ここより提供】家族を亡くされた方に読んでほしい…豊かな死を受け入れるために

  5. 【ここより提供】失礼をすることのない『焼香の作法』

  6. 【ここより提供】いざとなって慌てることのないように『死後の手続き一覧』