【文化時報社提供】命の教育、今こそ

※文化時報2021年12月16日号の掲載記事です。写真左は塚田博教氏、右は松浦善満氏。

浄土真宗本願寺派の宗門関係校・龍谷大学大学院実践真宗学研究科は9日、小学生への情操教育に関する公開シンポジウム「宗教的情操の涵養」をオンラインで開いた。大阪千代田短期大学(大阪府河内長野市)学長の松浦善満氏と、京都女子大学附属小学校(京都市東山区)非常勤講師の塚田博教氏が、教育現場の課題を伝え、宗教に基づく命の教育の重要性を訴えた。

松浦氏は、江戸時代の寺子屋や明治以降の仏教学校・教会学校など、宗教施設における教育の歴史を概観し・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週火曜日・金曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】大師修行の聖地、台風被害が判明

  2. 【文化時報社提供】交通安全の花咲かそう お寺×警察×支援学校

  3. 【文化時報社提供】CGで巡る大安寺 往時の堂塔再現

  4. 【文化時報提供】コロナ禍でも法座開催を ガイドラインで“生命線”守る

  5. 【文化時報提供】オンライン法要に「参列」できるか

  6. 【文化時報提供】「粉河の荒れ寺」再興 廃墟から7年越しの悲願