【文化時報社提供】復興へ 福島の春③たとえ檀家が離れても

※文化時報2021年1月14日号の掲載記事です。写真は本堂の基礎が打たれた龍台寺の境内。

「原発事故被災寺院『有志の会』」という団体がある。

福島第1原子力発電所の30㌔㍍圏内の被災寺院を対象に、約60カ寺の補償問題を支えてきた。東京電力側との交渉は、財物補償については多くの寺院で一定の解決を見たため、2017年5月にいったん交渉を終えた。

福島第1原発が立地する福島県双葉町や大熊町、原発事故直後に放射性物質が風に乗って運ばれた浪江町などの山間部には、今も許可なく立ち入れない帰還困難区域が広がる。

一方で、それ以外の地域では17年に避難指示が全て解除された。避難中に野生動物などに境内を荒らされ、本堂や庫裏の建て替えや修復が必要な寺院は多い。資金難が重くのしかかる中・・・

                           ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】燃え立つ浄火 五大力尊に祈り

  2. 【文化時報提供】在家から僧侶になった瞬間があった

  3. 【文化時報提供】「グリーフケアは僧侶の使命」当事者、学んで向き合う

  4. 【文化時報社提供】子ども食堂×寺子屋 地域全体が居場所

  5. 【文化時報提供】学術会議 宗教界も対応を

  6. 【文化時報提供】お堂の鐘は地域の絆 高知の〝ポツンと山寺〟