【文化時報提供】清浄な水涌く泉涌寺 祈りとアートの融合

※文化時報2020年10月17日号の掲載記事です。

真言宗泉涌寺派総本山泉涌寺(上村貞郎長老、京都市東山区)で10~18日、水をテーマにした作品展「未景2020―手のひらのしずく―いのりとアート」が行われた。絵画や彫刻、華道などさまざまなジャンルの芸術家24人と、泉涌寺の僧侶が作品を出展。売り上げの一部を京都市の新型コロナウイルス感染症対策支援「支え合い基金」に寄付する。

嵯峨美術大学油画研究室内に事務局を置く未景展実行委員会が主催。命と泉涌寺にゆかりの深い「水」をキーワードに、9月に京都市内のギャラリーで作品展を開催し、今回につなげた。来年春には泉涌寺で再び作品展を行う予定。

初日の10日は、仏殿で法要を厳修。泉涌寺の協力で、法会に用いる清浄な水が涌き出る「水屋形」を特別に開いた。水屋形は、泉涌寺の名の由来でもある重要な場所で、参加者らは僧侶らと共に何日もかけて中の石を一つ一つ磨き、清掃した。

泉涌寺アート

仏殿で法要を営む泉涌寺の僧侶たち

法要後にはトークイベントを開催。渡邊恭章教学部長をファシリテーターに、上村長老、日本画の大沼憲昭氏、立体・インスタレーションの菅原布寿史氏が登壇した。上村長老は・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報社提供】 指示されても避難できない人々を、誰が救うのか

  2. 【文化時報提供】ニコニコで注目 仁和寺法師が炎天下の勧進

  3. 【文化時報提供】観音さまのお顔に献灯 神戸・須磨寺で灯明会

  4. 【文化時報提供】「門付け」で月参り 昔ながらで3密避ける

  5. 【文化時報提供】戦後75年 本願寺派が千鳥ヶ淵法要

  6. 【文化時報社提供】コロナを越えて⑰中高年向けPC教室 就労に一役