【文化時報提供】祈りの形を新しく 京仏具小堀が「ホゥリーズ」立ち上げ

※文化時報2020年9月26日号の掲載記事です。

京仏具の株式会社小堀(京都市下京区)が関連会社の株式会社ホゥリーズを立ち上げ、仏壇の枠組みを越えて自由に祈ることのできる新たな厨子の制作・販売を始めた。宗教に関心を持ちながらも従来の仏壇や仏具にとらわれない人々を取り込むのが狙い。小堀の本店2階に展示場を設け、約30 点を常時、陳列している。

自然美と職人技の融合

社名とブランド名に使われているホゥリーズは、英語のholy(神聖な)が語源。自由な祈りを実現できるよう、自然といにしえをよりどころにしている。

コナラの空洞を霊場に見立て、内側からLED照明を当てる「瞑想」や、枝付きのホオの木を彫り込んで内壁に漆塗りを施した厨子など、自然美を生かした職人技の光る作品がそろう。

小堀2瞑想

コナラの空洞を霊場に見立てた作品「瞑想」

小堀3ホオ

ホオの木を彫りこんだ厨子

東大寺正倉院の校倉(あぜくら)造りや法隆寺金堂の天蓋を模したものなど、奈良時代以前の古来の様式にのっとった厨子もある。

収納するのは仏像や位牌だけでなく、十字架など他宗教のものや・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】燃え立つ浄火 五大力尊に祈り

  2. 【文化時報提供】外来・在宅に学べ 進む「ビハーラ僧」養成

  3. 【文化時報社提供】タリバンに信仰心で向き合う

  4. 【文化時報社提供】合理的配慮への違和感

  5. 【文化時報提供】僧侶になったバーテンダー「誰もが救われる」

  6. 【文化時報提供】正論を掛け合わせると、共感できないお寺の未来が見えてきた