【文化時報提供】もう一つの京都送り火 大覚寺で「宵弘法」

※文化時報8月29日号の掲載記事です。

真言宗大覚寺派の大本山大覚寺(京都市右京区)は20日、「宵弘法」を営んだ。尾池泰道門跡を導師に一山僧侶が出仕して大沢池の舞台で法要を行い、先祖供養と除災招福を祈念した。

「嵯峨の送り火」として、地域の住民に親しまれる毎年の行事。今年は新型コロナウイルスの感染拡大で、地元の京都府立北嵯峨高校のブラスバンド演奏は中止。夜店の出店も見合わせた。受付職員はフェースシールドとマスク着用で参拝者全員を検温するなど、厳重な感染予防策を取った。

約400基の灯籠が浮かぶ池の中ほどには護摩壇が設けられ・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週月曜日・木曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 【文化時報提供】大丸の新選組羽織、壬生寺へ 仏縁で技術結集、復元

  2. 【文化時報提供】いざ鎌倉へ 日蓮聖人立像のみ入れ

  3. 【文化時報提供】浄土宗議員、全員がPCR検査

  4. 【文化時報提供】災害対応で宗教と協力、社協の4割に 寺社の避難所は倍増

  5. 【文化時報提供】在家から僧侶になった瞬間があった

  6. 【文化時報提供】事件が安楽死でなくても、安楽死について考えなければならない