【文化時報提供】「不滅の法灯」灯し法要 天台宗、広島で

※文化時報2020年7月18日号の掲載記事です。

天台宗の中四国・九州の教区などで構成する第4地区(地区会長・永宗幸信岡山教区宗務所長)は14日、広島市中区の広島平和記念公園で、比叡山延暦寺に伝わる「不滅の法灯」を灯して法要を営んだ。戦後75年に激戦地の沖縄と、原爆が投下された長崎・広島で平和を願う一連の法要を終えた。

一連の法要は第4地区が発案。沖縄は有志が毎年行う4月の慰霊行脚と合わせて営んだ。長崎は5月に佐世保市の祇園寺で教区職員らが勤めた。当初は長崎市の諏訪神社で、神仏習合=用語解説=の形で営む予定だったが、新型コロナウイルスの影響で見送った。

広島の法要は、毎年岡山・山陰・四国の3教区が合同で行う「天台宗平和祈念法要」と合わせて営んだ。コロナ禍で規模を縮小し・・・

 

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                             ⬇︎

                  続きの記事を読みたい場合はこちらから読むことができます。

                     文化時報 購読のご案内

1923(大正12)年に創刊しました。特定の宗教・宗派に偏ることなく、神社仏閣や教団関連の多彩な情報を発信しています。

かつては伝統教団や寺院住職向けの「業界紙」でした。

しかし現在は、宗教教団・宗教者が手掛ける学校教育や医療・福祉、関連業者の動向も掲載。宗教関係者の情報収集に役立つのはもちろん、宗教に関心のある専門職や、神社仏閣のファンにも読み応えのある紙面をお届けしています。

発行は毎週水曜日・土曜日の2回です。購読をご希望の方は下記のURLからお申し込みできます。

           https://bunkajiho.co.jp/subscription.html

こちらの記事は株式会社 文化時報社 様 から許可を得て転載させていただいております。

関連記事

  1. 第七十回コラム「仏教用語について part12」

  2. 第三十八回コラム「比叡山と高野山 part1」

  3. 第22回葬儀・法要コラム『納骨」

  4. 第19回葬儀・法要コラム「遺骨迎えと初七日法要」

  5. 第34回葬儀・法要コラム「葬儀後の手続き(世帯主が亡くなったら) 」

  6. ad300x250-2

    【お知らせ】第11回お寺の窓口会in大阪