「仏」は私の中にいる

● 「お寺の窓口賞」は広島の超覚寺に

「お寺の掲示板大賞2019」が発表され記事に取り上げられましたのでご紹介いたします。

「お寺との良いご縁を見つけるサイト」がキャッチフレーズの仏教・寺院情報サイト「お寺の窓口」による「お寺の窓口賞」は、広島市中区にある真宗大谷派の超覚寺「私」に決まりました。

この掲示板、よく見ますと「私」という一字が黒と青のマジックで描き分けられています。「私」から青字の部分を取り除くと「仏」という文字になります。こんな講評をいただきました。

2つの意味があると感じました。1つ目は悉有仏性を一文字で現していて、仏語をしらなくても、直感的に理解できる。2つ目は私の中に仏性があるという意味ではなく、仏様はいつでも寄り添ってくれている。1文字の中に2つの意味が感じられ、仏教が更に身近に感じられる掲示板だと思いました。

『大般涅槃経』というお経の中に、「一切衆生悉有仏性(いっさいしゅじょうしつうぶっしょう)」という言葉が出てきます。これはつまり、すべての生きとし生けるものの中に「仏性(仏になる性質)」が存在するということです。この思想は日本仏教や日本人の価値観に多大な影響を与えました。

講評にもあるように、確かにこの言葉は2つの解釈が可能です。仏になる素質がわたしの中にあるという点、仏さまはいつでもそばにいらっしゃるという点。2020年は「仏」の存在をいつも身近に感じられる生活を送りたいものですね。

他にも2つの作品も紹介されております。

是非ご覧ください。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191223-00223795-diamond-soci

関連記事

  1. ad300x250-2

    【お知らせ】第1回お寺の窓口会in山梨

  2. 第十六回コラム「中国仏教の歴史について」

  3. 第五十八回コラム「日本仏教の歴史 part8」

  4. 第2回葬儀・法要単語集「供物や供花の贈り方」

  5. 第四十三回コラム「法華経物語Part3」

  6. 第14回葬儀・法要コラム「納棺と通夜の準備」